オフロードバイク+++上上

WR-F納品ツーリング(受注編)

ここは、とあるお山とある場所


私たちの見上げる先には

           ----立ちはだかる、坂。



111_20141118213658dc7.png
<我登る、故に下りあり>



かすにんです



   「ためだぁー!!


先行した偵察部隊YOUさんからの雄叫びが聞こえました。

その一部始終を観察していた我々からも、呼応するようにため息が出て


「(この場所が転倒者で)混んでるなぁ・・・

と、思わず口に出ます。


まことさんがバイクを降りて工作兵としてルートを整備してくださいましたが

根本的な登り角度、ルートに配置された岩、そしてフカフカすぎる落ち葉・その下の根

この条件との対峙は、どのルートからでも発生しそうでした。

111_20141118215116a24.png
<落ち葉で減速される。そして2st125には再加速の力はない・・・完敗だ>

 
 
このアタック現場に到着したのが遅れてしまい

先行して登ったたけオヤジさんまーさんによる「正解ルート」を知らなかったのですが

最初に突入してこの場所に必要な物に気づき、そして後悔しました。


だって全然登れるルートの想像がつかないのだもの。




大きな岩が坂のあらゆるところに配置されているヒルクライムなので

遠くから見た目は圧迫感があるのですが

実際は岩は怖くありませんでした。


というのも、

岩と岩の間は十分に通るスペースが確保されていたし

場所によっては岩が再発進スペースを確保してくれていて

案外道なりに進みやすい場所だったからです。



それより厄介なのは、根っこでした。

道なりのルートにはハンドルよりも太い根っこが何本か横たわり、段差になっていました。

それに

迂回して大きなねっ子を避けようとししたりすると

迂回ルートには別の根っこが控えていて、停車&押しが入ることを覚悟しました。


<P.S.  落ち葉でカモフラージュされていて、突然に滑ることもあってちょっと恐いです>
 111_20141118215628d9d.png


遠くから見上げているだけでは始まりません。

さっそく私も挑戦。

2速全開で侵入を開始した私は、大きな岩を避けるために左右に車体を移動させます。

すると当然のように曲げるためにスピードが減速されて行きます。

結局1速へシフトダウン、2輪2足となってしまいました。

これでは勢いが足りずに登れません。



まっとうなルートを諦めて横道にそれてみれども

そのままサブの根っこに体力を奪われて(大汗

ヒルクライムとは何も関係ないところでボロボロにされました (ノД`)・゜・。フェェン



やっとの思いで本筋(ヒルクライムルート)に戻ってくると

ずっとチャレンジしているYOUさんが、同じ高さまで来ていました。



YOU「やべーよこれ!登れねぇ!! そして、今日の俺は乗れてない加茂(/ω\)」

息も荒くなっていて、何度も登っては下りてを繰り返したことがうかがえます。


私がまだ休むことを伝えると、YOUさんはアタックを続けます。

少しずつながら前へ進んでゆき・・・ついに!? 登頂していました。
111_201411182203495eb.png
<登頂する前の一コマ。 これって攻撃?。まさ・・か・・・ね。。>


勝因は何だったのでしょうか。

坂の中盤まで戻っての再加速? 新品のVE33? 4stのトルク?


私が再チャレンジしている間に要所を越えたので解らないのですが

セローに乗っていても侮れないと再認識しました。

流石 21型。

当然 79年式。

燃える35は私と=コンディション。


これからのツーリングが楽しくなりそうですね!!

      _, ,_
     (`Д´ ∩ < 転倒してくれないとヤダヤダ
     ⊂   (
       ヽ∩ つ  ジタバタ
         〃〃



さて、周りを見渡すと、まだまだチャレンジしているまことさんとOKさん。

私も負けていられません。
111_20141118225417c23.png
<ちょっと休憩中>


この場所からやり直しはキツイと感じた私は

YOUさんに倣って中盤まで下り再加速を狙いますが、其処からでも加速が付きません。

結局最初から、助走が必要なようです。


しかし、そのことに気づいた時には体力と時間がピークを迎えていました。



頭では分かっているつもりなのですが

走っているときは、あと少し、あと少しだけと

シツコク無意味なチャレンジをしてしまいますね・・・私は。

2st125は、見切りが大切。

出来る事を理解して、やれる事だけやろう。それで大抵の場所はうまくゆく。
111_20141118231439404.png
<時には迂回ルートを探すことも大切。>

これでまだ11時なんだよね(*´Д`)

まだまだ走ったよ!


つづく

スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

あそこは、勢いとトルクが必要だ
押しは疲れる。

たけオヤジ | URL | 2014-11-19 (Wed) 22:17 [編集 ]


近いうちに125で登って見せますよ。
ちょっと対策考えてみましたから(/・ω・)/

かすにん | URL | 2014-11-19 (Wed) 23:20 [編集 ]


ちみには重力トラクションが働く!

よい世の中じゃ😋



また今度


 mちん | URL | 2014-11-19 (Wed) 23:27 [編集 ]


 

トラックバック