オフロードバイク+++上上

お色直し★KTM125EXC スーパー

タッカー職人の朝は早い




DSC_0055_2014110915450273f.jpg
<流石だよな、俺>


かすにんです

本日(日曜日)は

タッカーを使ってシートを作る。

作る。

作るっっ!!!


昨夜は、不安の中で眠れずに

ビールを2本とから揚げをつまみに

楽しみにしていたゴキブリ惑星漫画を読んでリラックス。


体力は108%で日曜日の稼働は5時30分からです!!

 
 
結論から言うと

昨日のシート作成作業ミスは道具が問題でした。


昨夜、閉店ギリギリでストレートに駆け込み

バイクシート用のタッカーを購入していたのですが

今朝、コイツを使って作業を介したら・・・冒頭の写真のとおりのクォリティで作業がスイスイ進みます。

 DSC_0057_20141109155251b18.jpg

針とタッカーで1150円かな?

価格も性能も申し分ないので、皆さんにお勧めしたいです。

amazonでも取り扱いがあるよ!



で、シート作りも進められることとが解ったら、きっちりやりこみます。

シート裏に液体ガスケットを塗り込み

皮の間から水が浸入することを防ぐとともに

タッカーで止めた上から、薄くガスケットを塗ります。


 DSC_0059_20141109155503c97.jpg

ガスケットの色が多少違いますが(;^ω^)

KTMの純正シートも同じような加工がされていたので、OKでしょう。



シート作りで余った皮は、切り取って補修用に保存しておきます。

同時に、使い終ったタッカーも556で防錆処理して倉庫の中へ。


このコンビ。次に出会うのは何年後でしょうか。

次に会うときにはもっと手早い作業で使ってやれそうです。

 DSC_0056_20141109155040e99.jpg
 <コーブラー とか歌いながらガンガン打てる。ジャムjる時も楽しい。>




シートが完成したのは7時ちょっと前。

休みは十分残っています。

朝ごはんを食べながら本日の計画を練り、有意義な休日を計画しようじゃあーりませんか。



でも外はあいにくの雨。

昨日(土曜日)の雨より何倍も強そう。

DSC_0052_2014110916012625a.jpg

どうしよっかなー






そうだ





時間が余った時にしかやる気が起きない

くだらないことしておこう!!(;^ω^)




チャッピーと軽く遊んだあと、そそくさと準備を始めます。








くだらな①号【クーラーボックス改造】

先週購入した、ちゃんとしたクーラーボックスなのですが

まだ使用テストを行っていませんでしたので、くだらな①号でとりあげます。

今週は走りに行く予定が無いので、自宅でのテストとなります。



やり方は簡単。

以前と同じ量、保冷剤と常温のペットボトルをクーラーボックスに入れ

約8時間後にどのような状態になっているのか確認するだけです。



確認するポイントは、3つ。

A.結露の有無
  以前のクーラーボックスは、ビニール製で結露が多くて嫌でした。
  買い替えの一番の理由ですし、結露が少ないことを期待しています。

B.クーラーボックス内の保冷材の溶け具合
  2日間目の朝まで持てばよい、というのが私の使い方なので
  約8時間後の状態で半分保冷剤が溶け残っていれば良いと思っています。
  ただ、今は秋ですからね、半分以上残っていないと夏は越せないでしょう。

C.クーラーボックス内の常温であったペットボトルの冷え具合。
  冷えていることを望みます。保冷材との接触面を多くさせる積み込み方を確かめます。




テストを開始したあと、使い古したクーラーボックスをごみ処理する準備を始めました。

チャックは金具、それ以外はビニールと段ボール・・・再利用は大切だからね。


で、旧クーラーボックスを見ていたら

ふと


閃いちゃいました!!


 DSC_0049_20141109161631379.jpg


旧クーラーボックスはビニール製ですが28Lでした。(30かも)

今回購入したハードのクーラーボックスは24L。ちょっと小さいのですよね。


で、テストを開始して解ったのは、クーラーボックスの脇と下向きに熱交換が起こりそうだってこと。

だって、保冷剤を突っ込んだら冷たさが外側にも伝わってきていましたから。


なので

捨てる予定のクーラーボックスを外枠につかったら

熱交換が無いから冷たさが長持ちするし、結露もつきにくい。


そう考えて装着してみたら・・・専用品のクオリティですよこれ!!


ぴったり過ぎて怖いのですが、即正式採用。

テストはこの状態で進められることになりました。



DSC_0054_20141109160127483.jpg
<凄いなご主人。>


くだらな②号【2stオイルの混合用道具を更新】
3年前、KTM125EXCを購入した際にそろえた「混合ガソリン作成用ポリタンク」ですが

流石に3年使うとガタがきたようで

ガソリンを給油する際にカウルにこぼれることが多々ありました。

こぼれることを認識して、ウェスでおさえながら給油するのがめんどくさく感じてきたので

混合ガソリンの作成はジョッキで行う事にしました。

合わせて、混合オイルを計量する100mlのメスシリンダーも購入です。



この程度のアイテムなら2輪館(千葉店)にもありますからね

雨の中ハイエースを転がして、気分転換と共に購入。

amazonで買えば交通費が無料なのにわざわざドライブをする、くだらな②号でした。




くだらな3号【簡易どろ付着避けテスト】
世の中には、雨の中バイクで走る人がいるそうです。

オンロードならまだしも、

オフロードでもそういった野蛮な行為が流行り出すと、警備の私も忙しくてたまりません。


そんな時、フェンダーへの泥の付着を防ぐスポンジについて情報を得ました。

粗目のスポンジをカウルに装着しておくと、

泥とシートの間に空気の層を設け泥がこびりつくのを防ぐ効果があります。




千葉ツーリングでもその威力は確認されていて、

スポンジを装着しているEC250Fはいつも綺麗に保たれています。


私もあれが欲しい!!


でも、


類似品で代替して安く済ませたい。


ということで、ホームセンターの中で、例の、あれを購入。

バイクに装着してみました。

DSC_0060_20141109162908413.jpg

狙った通り、装着はとても簡単です。

そして安くて、取り外しやすい。

 

今度のツーリングで効果を試してみたいですね

でも、雨はいやーんな感じ。





レビューを震えて待て!!



つづく

スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

ご主人に似●なんて可愛いワンコちゃんなんだーーー(//∇//)

マッドな心が洗われ清々しい気持ちになれました!!それはまるで、全力雨天走行後の帰り道(自走)のよお♪

ありがとう!チャッピィ♡

ユー | URL | 2014-11-10 (Mon) 23:34 [編集 ]


 

トラックバック