オフロードバイク+++上上

KTM本格整備(中)

オロロローーーン

1111_201408301914214f4.jpg

土曜日に整備、日曜日に走行と思っていたのに

スタンドASSYを注文したばっかり

パーツが揃わなくて整備が出来ないとはぁぁぁぁああ”あ”






かすにんです




ううぅぅぅううううぅぅ・・・・




   グググギギ・・ぐぎぎぎぎぃ~~




2222_201408301924487d1.jpg
<このチビクソがぁぁぁぁ>



ただ寝て過ごすのも馬鹿らしいぃ


腰上OH以外はっっ

 コ コ で や っ て し ま う よ っ !!



 
 
まずは、MCGEARより届いた予備パーツを補充だっ


自分を含め、誰かがシフトをやってしまった経験は、これまで3回あります。

シフトペダルの予備は、常にトランポに持ち歩かないと安心して眠れ無いんだよぅ
DSC_0341_201408301949254a8.jpg

サイクラのシールドを装着するは・・・本当に久しぶりです。


長野ツーリングで木の枝で指先を怪我したから、再び装着することにしましたが

シールドがあるとハンドガードに衝撃が集まりやすくなるので

あんまり好きじゃないのですよね(^^;;

ふかふかな土でも、面で衝撃を受けてしまいますからね。



シフトペダルを予備パーツ入れに仕舞おうとしたら

あり?なんかちょっと形が変わってる。

DSC_0358.jpg

どうやらシフトペダルがより肉厚になったようですね。

丈夫になって、ちょっと心配かもっ('_')


だって、今の製品も十分丈夫。

これ以上強くなると

衝撃がシャフト側に集中して、より大きな被害になるのでは!?!?


ウググ

別の製品を検討しようかなぁ。




予備パーツを片づけ終ったら、早速作業に取り掛かります。


今日は雨が降っても小雨です。

腰上OHはできないけれど、部品取り外し&清掃までは出来そう。

クラッチ交換はパーツもあるし、出来ちゃうね!!


DSC_0342_20140830194926069.jpg
<冷却水もオイルも一気にすてちゃう! オイル吸取りボックスが3個も必要だったじぇ>


テキパキとパーツを取り外していると、ふとシリンダーの作業記録に目が行きました。

前回の作業は2013年8月ですね。

2011年11月から使い始めているようですので、もうすぐ3年になりますねぇ。
DSC_0343_20140830194928b49.jpg

WR-Rは1年たたず乗り換えてしまいましたが

KTM125EXCは乗換えようとする気持ちにならないですね。

私の使い方だとベストチョイスだと本当に思っています。

十分にパワーがある。っていう意味じゃなくて、

使い切れる楽しさがある。という意味でベストですし

車重が軽いから足回りも軽く感じるし。




時々増車したいなぁ~って気持ちにもなるけれど

一番の懸念点は

KTM125EXCに乗るのが忙しくて増車した車両が疎かになる点ですからね(;^ω^)

このバイクが大好きです



さてと、サクサク作業を進めます。

クラッチの交換は以前に細かく取り上げたので、作業工程は省きますが

今回交換したプレートは1年半使ったものです。
(※1年間立った時に、フリクションプレートが減っていなかったから交換しなかった。


DSC_0344_20140830202246b8e.jpg
<黒くなって・・・ない>

どうですか?

なんか、まだまだ持ちそうですよね

ちょっともったいないお化けかもっ(; ・`д・´)


前回のツーリングでもクラッチが滑っている感覚は無いのですが

過酷なアタックの場合

クラッチが滑りだすと半日起たずしてスカンスカンになるので

転ばぬ先の杖的な

トラブルになる前に対処しておく必要があります。



私の感覚では、長くても1年1回の消耗品交換をしておけば

トラブルに見舞われる可能性は低いと思っていますが

パーツとしての1年ってどういう状況なのか調べることにしました。



まずはフリクションプレートの状況から。

上が新品、下が交換品ですが・・・厚さは全くかわらない!?
DSC_0348.jpg

色味は、劣化したオイルがしみ込んだせいか交換品は黒くなっていました。

触った感触は、どちらも変わらないと感じます。


つぎにノンフリクションプレート(クラッチプレート)を見てみます。

左が新品、右が交換品ですが、これはハッキリ違いました。
DSC_0351.jpg

KTM125EXCは、アルミと鉄のクラッチプレートを組み合わせています。

鉄のクラッチプレートも(目測で)0.1~0.2mmぐらいの摩耗がありました。

アルミのクラッチプレートはノギスではっきり出る違いがありました。


外観としては

フリクションプレートと接触しているであろう面がツルツルになり

触ると指先に段差を感じます。



私のような自己流サンデーメカ人間でも

段差を指先に感じることが出来るのは結構凄い差ですよね。

今思えば、ノギスの使い方が間違っていたかも。

クラッチプレートの外縁から内側へ測定面を押し付けていたから

摩耗しているであろう内側だけを計測すれば、もっと違いがあったかもしれません。




直近の走行ではクラッチに違和感を感じませんでした。

それは事実です。

では、交換品のクラッチを使い続けたとしたら

どの段階から走行に支障が出てくるのか、怖いけれど知りたくなりました。



交換品を一式綺麗にまとめておきます。

   ちぇいさん・・・・




クラッチの交換はコレでおしまい。

バネ長も規定値だったし全く問題ないねネ!

DSC_0353.jpg
クラッチ側のカバーを取り付けるときは

ガスケットを付ける前に薄くグリスを塗り込んでおくと

ガスケットが切れにくくなるぞ!!





つづく!!

スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

ちみ

ツーケーの※ が切れてますよ


少し見えたんだ


ゴメンナサイ ><



mちん | URL | 2014-08-30 (Sat) 21:12 [編集 ]


レロレロレロレロ

まん | URL | 2014-08-31 (Sun) 08:17 [編集 ]


呼びました!?

ちぇい! | URL | 2014-08-31 (Sun) 10:34 [編集 ]


>ぽこちんさん
玉袋にカビが生えていますよ?


すこし臭ったんだ。

><ゴメンナサイ



>まんぐたんさん
ゴゴゴゴ・・・



>ちぇい!さん
クラッチいる?wwww
まだ使えるはずなんだけど(笑

かすにん | URL | 2014-08-31 (Sun) 18:05 [編集 ]


自分、おんなじようなクラッチ在庫持ってるんで

今回は遠慮しますー\(^o^)/


ちぇい! | URL | 2014-08-31 (Sun) 21:39 [編集 ]


 

トラックバック