オフロードバイク+++上上

ゲコタが僕に教えてくれたこと

ぼくちつって、変換すると僕膣ってなっちゃいますよねぇぇ ぐへへ

同僚「あの・・・、それちょっとしたセクハラですよ





かすにんです(/ω\)



公私でいうところの、の部分で頭を使って生きています。


そろそろ宝くじを当てて転職をしないと

ライフプランが大幅に狂うと本気で思っている35歳ですが

ちょっとタイヤに敏感なお年頃(性的な意味で)


DSC_0172.jpg


今日はゲコタ装着の感想です。



ゲコタって、正式名はiX-09Wといって

IRCのWEBサイト曰く

幅広い路面に対応するインターイミディエイトタイヤって奴らしいです。

仲間内で、ゲコタ げこた と五月蠅いほど話題に上がったので、

自分の中ではゲコタです。

1111_20140526214243a20.png


で、そんな話題のタイヤの感想を書こうというのに

私がこのゲコタを履きだしたのは今年になってからです

しかも、先月


というのも


素晴らしい性能と、天秤にかけた寿命の話は皆さんも知ってのとおりですが

私は初期段階テストの情報を伝え聞いていて

余りにも酷いコストパフォーマンスに食指が伸びなかった・・・というのが本音です。


林友のツーリングでクワトロさんが導入した時には他人ごとながらドキドキしましたが

ツーリングを終えてボロボロ(7部山)になった姿を見て

こいつぁ買うことはねーなぁ(笑 と思ったこともあります。


あ、

厳密にはゲコタは製品改良されて、また違った性能になっているようですが

私の感想は2型?(初期型は速攻変わったらしい)で

現在はまた違ったタイプになっているので、その辺はご了承ください。





主にコスト面で仕切りの高さを感じたゲコタですが、私は中古で安く手に入れました。

入手した状態は8部山。練習一回もので5000円デス。



ーーーつーか、練習1回で8部山になるところを突っ込めばいいのか

中古タイヤなのに5000円払っている私に突っ込めばいいのか分からないところですが

興味が財布を凌駕して購入に至った訳です。ハイ。




そして3回走って終了。




・・・


・・・覚悟していた分、諦めもつきますが


やっぱり酷いですわ (ノД`)・゜・。 => コストパフォーマンス



でも


性能はとてもよかった
と結論付けたいです。





良かった点を列挙すると

岩の追従性がトライアルタイヤのそれに近い性能を出すにもかかわらず

砂・土もそれほど悪くないところで

F山ツーリングでは、総合力の高さに自分が上手くなったと錯覚するほどです。



反面、空気圧にシビアな性質を持っているようで

リア0.8まで落とした状態で走っていると、VE33と比較して「横にたわむ」感覚があります。


ねちょーーー っとしているので、タイヤが滑っている訳ではないのですが

いつもよりちょっと

アクセルを開けるとまたちょっと

リアタイヤが横にねじれる感覚です。


VE33を半年履き続けた私なのでそう感じるのかもしれませんが

乗り始めて直に違和感を覚えるほどです。


「ゲコタは空気圧は1.0が最適。」そのような声をよく聞きますが、

私と同じように感じているのが原因かもしれませんね。






以降は悪いところの列挙になりますが

良くない所として、岩場でのグリップが唐突なところがあります。


トラタイヤのように回転数がビシッと決まればタイヤも食う、という動きではなくて

タイヤのブロック?ビット?・・・とにかく、凸凹したところがガツンと食うまで

他のエンデューロタイヤと差が無い
から「唐突」に感じます。



特にこれ、

ゲコタはタイヤの摩耗が激しいから

走っているうちにどんどん食いつきが悪くなって
きて

午前と午後の走り方を考える必要があるかと思いました。


DSC_0173.jpg
<信じられないだろ?・・・もう死んでるんだぜ、この残量なのに・・・>



最後に

終りが唐突にくるところが良くないです。


先週は砂利道をハイスピードで飛ばすテストを繰り返したので

タイヤが終わることは覚悟していましたが

コーナー出口で半クラいれて、エンジン全開!!・・・しても前に進まない。

ゴボゴボゴボというリアタイヤの違和感をどのように伝えたらいいのか・・・とにかく前に進まない。


異常を感じてバイクを降りると

タイヤのブロックに全部ヒビ、それも半分以上。

DSC_0174.jpg

場所によってブロックごと吹っ飛んでいました・・・。




1回しか履いていないから

何がこのタイヤを生かせるシチュエーションなのか、理解しきれていません。

ただ、慣れていない分だけ正直な感想です。

そして私の生活圏内では若干ハードルが高いタイヤだと位置づけされました。



それでも


それでも



F山岩場下りで感じた安定性


そして

1日目の火山灰での登山の能力


一つ上のレベルを見せてくれるタイヤであることは確かだと思います。

答えを知ってから、過程を考察する・・・そういう学び方もあると思います。



私はわけあってVE33の5部山にもどりますが

ゲコタで見せた難所踏破のイメージをそのままに

ライダーのテクニックでどうにか同じレベルに持ってゆけるよう努力することに決めました。




絶対速度が楽しみじゃない、エンデューロだってあるから。

だから、選ぶタイヤも十人十色なんですよね。





つづく



(どんなご託並べたって、組長がゲコタ履いてねーっすから。
 ゲコタ履く前にやる事あるでしょ?っつー心構えが大切なんですよ。
 林道ツーリングライダーはね。レースと同じように厳しいよ、自分との戦い。)

スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

ちょっと間違えやすいのですが、IRCのページに掲載されている iX-09W はGEKKOTAではないんですよ。 ゲコタは「iX-09W GEKKOTA」までが正式品番で、 iX-09Wのパターンで材料のゴムをトラタイヤみたいなものに換えたやつですね。で、ゲコタは製造開始から今にいたるまでずっとプロトタイプで、都度の限定生産なので、IRCのサイトやカタログには普通のラインアップとしては載ってないんですよね。

masato/がべじん | URL | 2014-05-29 (Thu) 16:23 [編集 ]


うちの押入れには未だ新品ゲコタが2本も冬眠しちょるよ。

今年は出番ないのかのーー。

高かったのにな><

沈 | URL | 2014-05-29 (Thu) 22:08 [編集 ]


>mちんさん
ソノタイヤヨコセ!!
と、言いたいところだけど、最近違うのを試したくなりました。
それはまた、今度話します。


>がべじんさん
なんとっぅ!! 間違った情報は
すぐに直さねば・・・・といいつ一週間たちました(^q^)
週末に楽しんできたので、レポついでに直しますね!ありがとうっ

かすにん | URL | 2014-06-02 (Mon) 08:55 [編集 ]


 

トラックバック