オフロードバイク+++上上

載せるべきか、載せないべきか。それが問題だ

トランポを持つようになってから

私はいつもこの問題と向き合っていたと思います。



かすにんです




載せるべきか、載せないべきか。





トランポを手に入れたばかりの時は、

「載せられる(CAN)なら載せれば?」と次々と物を載せていったので

悩むことはありませんでしたが

ただ積み上げただけの積載ではすぐに限界が来て

そこから試行錯誤を始めたのですが

これは現在まで続いています。



今日はハイエースの積載を見直したいと考えていて

過去に使ったことがある道具が転用できるか確かめてみることにしました。


 DSC_0069_201402071933036dd.jpg
<俺を乗せてくれよ・・・俺を乗せて、どこか公園へ行ってくれよ・・>

 
 
さて、今回試してみる積載方法は

ハイゼットでミニバイクを積むために試行錯誤した時のラックです。


形はオーソドックスなホームセンターで売っている3段のタイプです。

そのうち2本の支柱を延長し、延長したバーを車の壁に固定することで社内で安定させます
DSC_0070_20140207193623bb8.jpg

細かな手は入れています。

ラックにはPET素材を敷いており、このおかげで台上の荷物がスライドしやすくしています。



さて、このラックの積載例を紹介します。



まずは一番下の段。


このラックは社内に設置されるので、安定性をあげるために一番下には重いものを乗せます。

DSC_0071_20140207193625563.jpg

私の場合は発電機を置いています。

飛び出てはいますが、軽自動車の荷台に積んで、発電機をこの積み方にしても

ミニバイクは十分乗りましたよ。


発電機が必要のない場所の場合は、

このサイズのコンプレッサーを積んでいました。

DSC_0077_201402071942044a3.jpg


そして1段目の全面には小物を詰め込みます。

ミニバイクの時には、もっとも頻繁に使う道具を入れておきました。


セッティング関係の書類

ライディング用の日記

ジェット、スプロケ、オイル、グリス、プラグなどですかね

DSC_0073.jpg


次に二段目。

二段目には利用頻度が低いのですが

トランポから出さない(積みっぱなしにしておく)道具を入れていました。


たとえば空気入れとかクーラントとか

フライホイールとか、予備シリンダーとか予備レバーとかですかね。

DSC_0074_20140207193621d02.jpg




結構大きな荷物を積み込むことになるので、サクッと積み込めるように

ラックと同じサイズのカゴ(ナイロン製で金属の芯がある)に投げ入れています。

PET樹脂を荷台に敷いているから引っ張れば簡単に引き出せます。

DSC_0068_20140207194751716.jpg


最後に3段目。

一番上の段には・・・今は軽くて大きなものを積み上げています。

電気ケーブルとか携帯掃除機とか、ホースとバケツ?かな。

トランポの中に入れているときには、ヘルメットが置かれていました。

DSC_0076_201402071936222ce.jpg





さて、今回はこのラックをハイエースの中に入れると

どのようにスペースの活用ができるのか見てみることにします。


ラック単体にしたら、さっそく載せてみます。

DSC_0064_2014020720090447d.jpg


すんなり・・・



ううっ(T_T)

ハイゼットでは2段しか使えなかった・・セレナさんでも荷台の半分を占有したこのラック

ハイエースのリアゲートはとても広いので全く問題なしなのね・・・少し感動しました。



天井とのクリアランスを見てみると

ふむ・・・2~3センチの余裕があるようです。

ハイゼット(カーゴ)の天井とハイエースの天井の高さはほとんど変わらないのが

ここで初めて実感できましたよ。
DSC_0066_20140207200907c1c.jpg



そして

今回のテストで一番気になっていた部分を見てます。




それは、ラックの1段目の棚の位置を高い位置まで上げると

タイヤハウスの上の空間を上手に使えるのではないか・・・
という部分です。



さっそくぜんめんの支柱をタイヤハウスの端に合わせてみるけれど・・・

ううっ長さが足りない!!

DSC_0065_20140207200906190.jpg


タイヤの大きさから

タイヤハウスの大きさはラックの全長より短いと踏んでいましたが長さが足りないようです。

ぴったりとしたレイアウトで、荷物も詰めて・・・と妄想しましたがダメそうですね。


ちなみに、



この長さのラックの1枚当たりの耐荷重は80kgなんですね

上手くゆけばベットの台座に・・・と考えましたが甘かったようです。




ということで、ラックがうまく乗らないことから

現時点では、今のトランポの使い方が最良と確認できました。

2列目をそのまま生かしてふかふかシートの上で寝ていて不満はないのですし

汚れ物、パーツ、ケミカル、工具を

それぞれ同じサイズのプラスチックケースにパッケージングしている
ので

積載も楽だし、目的別に組換えるのも楽なのですよ。



なにか安心できました。

それじゃぁ明日はキャンピングカーショウへ行ってきます

トランポとはまったく異次元の・・・移動する住居って奴を見てきます!















なんだ・・・と!?

dddd_20140207213048d8b.jpg






つづく

スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

ろくに除雪車のない千葉だとまじでヤバイ積雪
ハイエースで出かけてたらアウトっぽい

キャンピングカーショウから帰れたのかな?
うちの近所の駐車場は空きがいっぱいあるけど

touring | URL | 2014-02-08 (Sat) 17:28 [編集 ]


 

トラックバック