オフロードバイク+++上上

荷重移動 加重移動

うむ

このタイヤの使い方についての考え方はとても勉強になる!!

さすがくろちゃんさん


http://www.youtube.com/watch?v=GqyCgjYHVhg




突っ込みに命を懸けた鬼減速よりも

コーナー手前のアクセルON/OFFのほうがスムーズに曲げることが出来る。



これに気づくまでに結構かかりました。

車の挙動が激しいほど、早く走らせているる感じがするから。




あと、気づけても身にはついていないのですよね。>私



ジムカーナをちょこっとやった時に

サイドで曲げる誤魔化しを手に入れてしまったのが良くないのかな。

突っ込んでタイトターン。大好き。




なんていうかな

荷重移動で曲げられるのは解っているのですが



それでは


いま、この環境(速度、土面・路面)で


つぎのコーナーはどのぐらいで曲げられるのよ!!



っていうのが、サーキットじゃないとわからなかったの。





同じ場所を何度も走って、

結果の蓄積からコントロール可能な幅を知ることしかできなかったのよ。




本質を理解していないから

形だけ真似しているから

単なる現象の再確認を積み上げて「技能」っぽくしているだけだったの。




だから、

ダートラで二度と同じコンディションにならないコーナリングを

如何にアタックするべきかチャレンジしている人に憧れたし、

ラリーなんて道知らないのにマジスゲー!っておもったのよ。



オフロードバイクでも同じ夢があります。




いつでもどこでも

なにに乗っても走れるようになりたいね!!




つづく





あとねー

自転車の件はとりあえず後回しだわ。




私なりに数日間を使って集中的に調べてみて

だいたいダウンヒル用の自転車に必要な装備を認識したうえで

「感性で」いいな!って思った車両を見まわして探してみたのだけれど



 KONAのオペレーター

 GTのフューリーアロイ 1.0

 スペシャライズ?のDEMO8

   ※リンク?・・・リンクしないわよ!甘えるんじゃないわよ!!!



どれもすごく高いのよ。


しかも最新モデルじゃないからね。

価格帯の問題から13年か12年モデルを見ていてのことだよ。





私的には

 ・リアサスペンションの構造が理に適っている・・つーか理解できるのはKONA

 ・バイクに酷似している構造はアロイ

 ・スーパーロボット系の見テクレなのがDEMO8って認識で


そのほかの装備の事とかは、よくわかんないけど大差ないっぽい。

あ、一応それ系の趣味を持っている友人に判断ももらってる。



で、専門家いわく

コンポ?とかペダリング(笑 とか

ふいんき(なぜか変換できない)だけは伝わる雑誌の縦読みだと何もわからない。

まずは走ってみろ!!・・・だそうで。

購入は、スクールとかレンタルで走ってみてから考えることが

一番重要なこと!と理解しました。




っていうかさ

ある程度のものを買えば、あとはアフターパーツで何とでも魔改造できちゃうのが自転車だから

自転車を購入した後に、自分に合わない事に気づいた人たちが作り上げた

重力に魂を惹かれた自転車


ブログで紹介している人が数多くいるじゃん。


友人にいくつかザックリと上記のような事態に陥っているサイトを見せてもらって

ああ---私にも可能性はあるな。って感じたのも事実よ。

だってさ、

怪我とか結婚とかじゃなくて

バイクに乗るから自転車に乗らないってのが、すげー多いのよ(^^;;;;


膝かっ

歳とってくると

膝が痛いのかっ(笑






それと



バイクの場合は、

フロントフォーク変えたりスイングアーム変えたりとか

そういうのは(金銭的に)失敗したときのリスクが大きいから

すぐに中古車市場にまわることになるのに

自転車のユーザーは「何とかしてフレームを使う」っていう思考にいくのが不思議だよね。



すぐに売れば損害は少なそうじゃん?

なんでああなるのかな。って思うよ。


賭けたお金=自転車のすごさ ではない、と心では理解しているようだけど

高い買い物だったから、失敗を認めたり・損失を確定させたり

踏ん切りがつかないのかな~。


ってか、私も入り口に立ってた。

明日は我が身だった、まちがいない。






総括

トラッパー買えば、自転車練習より捗るよ。
っていうアドバイスから全力で逃げて

夏ごろレンタルでもしようかな。ってところでこの話はFIX。






これから週末にかけては、バイクのイメトレをするよ!



つづくver.2

スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック