オフロードバイク+++上上

猿ヶ島でウッキウキーZ

学生時代からの友人に子供が生まれたんだってよ

(´・∀・`)ヘー



春はまだ遠い

かすにんです。



先輩と合流して、正しい猿が島の走り方を堪能出来ました。

ご友人の皆さんは、多彩なメンバーでモトクロスやエンデューロをやっている様子。

集まったバイクもCRF、YZ-250F、KTM350EXC12'、KTM350EXC13'

FREERIDE、KDX、CR80?、CR125R
などなど、豊富でした。




 
話を聞いていると、最近レースで入賞や優勝した人もいて

バイクも速そうな感じがします。

オフのレースにた事がない私としては、大会規模などは知らないのですが

オフロードは今人気ですからね

大変な試練だったでしょう。


 
 
そんな皆さんの強さの秘密を少しでも頂こうと

必死こいて着いていった結果 

1周すると結構長く走れるルートをラーニング\(^o^)/




なおかつ


自前のKTM125EXCと車両比較をさせて頂けるという

貴重な機会をいただくことが出来ました。








まず、KTMで一生懸命走ります。もちろん単独で走ります。

慣れていない場所では自分でペースが作れませんが

それでもソコソコ走れるのはKTMの挙動がある程度頭に入っているからです。

逆に言うと、

「初めて乗ったバイクで自分のペースを作ることが出来るのか」という評価もあると思っています。

しっくり来る感? みたいなやつです。




ちなみに、過去に私がシックリー来たバイクは

CBR954RRや、MC21、ゼファーだえぐ?、ファイアーボルト9Rなどでしょうか。

総合力が関係するものだと思います。






さて試乗会です。

KTMから降りた直後、最初はCR125Rに乗ることにしました。

111CRM.jpg

まず、2stであること。

これが最初のテスト車両に選んだ理由です。

4stのエンジンと2stのエンジンを器用に乗り換えるのは

自分にはハードルが高いので・・・このチョイスです。




実は、まんぐたんさんのCR125Rに乗ったことがあります。

1年以上前でしょうか。


あの時と走る場所が異なるので、どのような動きをするのか興味がありました。



当時の記憶では、やや尻下がりの車体バランスに

減速時(ブレーキ時)に前後が平行線を保ったまま沈む感覚。

そしてドッカンパワー。


リアが沈み込んでいることが判りやすいから、

それがエンジンを空ける時だと教えてくれる、凄く判りやすいバイクでした。








今回のった感想は・・・硬いです。

まんぐたんさんのバイクが、何かしらチューニングをしているとしか思えないです。



今回乗ったCR125R・・・まずフロントが硬い

マッチ棒に乗っているような硬さがあります。直接腕にキますね。


それに、少しでもバンクさせている時に跳ね上げられたら転倒する自信があります。

体が何も準備できないです。

111_20130429211137.jpg
<1:27辺りからが恐怖だった。空ければ安定なんだけどね。>
特に顕著な挙動を見せたのはココのあたり。収束しない。



そしてリアも、沈んでいるのか判らないほど硬い。



This is モトクロッサー? OH!マジーデ?



友人のCRF250Rに乗せてもらった時にも感じなかった

乗りにくさを感じました。



しかしながら、車体の軽さが際立っているように感じました。

また、猿ヶ島のモトクロス上に持ってゆくと、サスの硬さが気にならなくなりました。

エンジンのツキがいいのも高評価です。

KTMから下を削って、上に盛ったようなフィーリングです。


場合によってはアリなんじゃないでしょうか。





私が必要としているエンデューロやツーリングにはキツイっすね・・・。


ああ、嘘は書けないが

先輩に知られるのが怖いーーー


ブログって危険ですね!





つづく!!

スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

あれ、標準セッティングですよ!
それなりのスパンでOHもしてますんで、どちらかというと今回のが何らかのチューンをしてあるか、硬すぎるか、かも…

まんぐたん | URL | 2013-05-02 (Thu) 12:57 [編集 ]


No title

なんと!!凄く良いノーマルですね!!


ウチの先輩はハンドルも短く切っていたりしていて
私には乗りにくい方向に向かっていたので
足回りも弄ってるんでしょうね・・・うーん。

かすにん | URL | 2013-05-02 (Thu) 19:12 [編集 ]


No title

みぃ~つけた(^^)v

中古なのでどこまで標準状態と差がでているのかわかりませんが、部品交換しない範囲でサービスマニュアルに載っている範囲で標準もしくは最下限にしたセッティングです。

例えば、フロントはオーバーホールに出して標準オイルに油面下限。
リアは55kgの体重でサグだしプリロードを調整(かなり下げた感じ)。
リアショックは伸び縮みとも標準より2-3ノッチ下げたところ。

でも、かすにんの感想の通り、あまりサスが仕事をしている感じはしておらず、ヘタくそのせいもあってよくスリップや転倒をしています。(笑)

それでもうまい人が乗ると、それなりに走るので、MXで使うには単に乗り手の問題なんだろうと思っています。

でも、気になるのでもうちょっとセッティングを弄ってみます!

先輩 | URL | 2013-05-12 (Sun) 00:13 [編集 ]


 

トラックバック