オフロードバイク+++上上

トランポの話

ゴールデンウィークを楽しんでいますか?


かすにんです



私は楽しんでますよ(^_^)/

まだまだ折り返し地点。

後半も遊びましょうね!!




と、今回はバイクのレポートは横において、トランポの話です。

 
 
 
私のセレナさんは15万キロに差し掛かり10年ほど乗られている

人間に例えると中年オヤジです。

メンテナンスを疎かにしないよう気をつけないと、節々が痛み出す年頃なのですが

この週末、怪しい動きがでてきました。





1500回転ぐらいで緩やかに加速しているとき

時速40kmから60kmの間に

コクンと変則ショックのような症状が発生するのです。





これは時より発生しますが

金、土、日、月(本日)に発現していること体感しています。



日産セレナTC24系のトラブルとして一番代表的なものはCVT周りであり

この車種に限っては三万キロぐらいで交換が推奨されていて

過去にリコールもでています。

以前同じような症状が出て、フルードを交換してなおっています



今回はちょっと違うんです。





というのも、

フルードを交換したのは去年9月で137700キロの頃です。

今、走行距離は146999キロで、フルードの劣化、減少も確認できなかったということ、





また、

フルードの劣化時の症状は

アイドリングや減速時(グリーピンク時)にもドドドという

がたつきというか・・・衝撃が出るのですが


今回は加速中に、それもほぼ決まった速度で出ているのです。

さらに決めてとして

速度検知センサーなどの不良によるcvtの動作不良では

速度全域にわたって現象が出ており、変速がおこらずエンジン回転数だけ以上に上がるなどという

症状になります。


だから今回の挙動とは違うと判断しました。






9月が車検だし、

タイヤのスリップサインが出ています。

そろそろ乗り換えの時期だと感じています。





さて、日産に行ってきます。





GTRかぁ(違)






つづく!!!

スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック