オフロードバイク+++上上

クワトロさん栃木ツー2(ツー)でわっしょい!④

平日4日間で、手に出来たマメと

小指の先にできた血豆がほぼ回復しました。



かすにんです



小指の傷は癒えました。


でも、指先には感覚が無い部分が残っているので

物と擦れて血豆になっても判らなかったようなんです。

そんな状態のなか、ツーリングでヒルクライムの際に、えいっ!と力を入れたら

血豆が皮ごとペロリと捲れて痛かったー(>o<;;;

感覚の無い部分はまだいいけど、指先だから痛いんだっツーの!!





急な角度のヒルクライムを降りると、そこからはなだらかな道が?

坂が続きました。
024.jpg


ゆるい坂ではありますが、木立を交わしながらペースを維持するのは難しくて

バイクを無理に曲げるとリアスライド⇒失速⇒やりなおし という悪循環です。


ペースを落としてルートを選ぶにしても、落としきることは避ける

なんともまぁ、4st向きの場所なんです。




私は慎重に2速ハンクラを使いながら登っているのですが

木と木の間、KTMのハンドルが通れる幅を見切るのが大変で


 「あ”ーぶつかっちゃうー(><;;」と思っても通れたり

 「何でもねーぜ!!」と突っ込んだら、枝分かれした木に腕をぶつけたりしてシクハク


3度もチャレンジする羽目になりました。




頂上では既に休憩タイムが始まっていて、

XRのキカン坊に体力を奪われたたけオヤジさんが水をおいしそうに飲んで

まだまだ平気なのか? クワトロさんが仲間と談笑していました。



私は息を上げながら、KTMに引っ付いてると先輩ライダーから一言。

マグラ付けてるのかー。だったらもっと、も~っとガンガン行かねば~!!
 025.jpg

うううー、体が、体がついてこないんですっ!! /(ToT)\

激励が染み入ります。




本当にタフな皆さん、走りも凄いけれど体力とポジティブさに驚きます。

先に到着した人たちも

率先してヘルプに回ってくださったり転倒する人々を応援!?してくれたり。

ペースが遅い私が山に捨て置かれないのは皆さんのおかげです。m(_ _)m



林道を少しでも走ったことがある人はご理解いただけると思いますが

ヒルクライムのエスケープをするとか

バイクを停車して仲間のアタックを見に行くときの「ちょっとした徒歩」は

疲れが溜まってきた足腰には本当にきつい
んです。

重い装備に、歩きにくいブーツまで履いていますからなお更です。


今週、ツーリング動画を見てると

いつもいつも助けに来てくれる。応援しに着てくれる

第二班参謀長官Oさんには本当に感謝しています。



026.jpg


その後も森の中を上下しますが

私のペース引き上げのためにサポートしていたクワトロさんも、ついに体力の底が見えてきて

ミイラ取りがミイラ・・・足にキて、ボテコケしていました(^^;;;ゴメシャイ



第二班の後ろに続く、第三・四班は適度な距離を保ち

数々の難所をスムーズに越えることによって比較的体力が維持されている模様。


休憩ポイントでお茶目なアトラクションをこなすなど、エンターティナーさを発揮していました(笑
027.jpg

   岩!!飛ばずにはいられないッ!?






日の当たる広場を抜けると、日陰が続く林道に入りました。

残雪がちらほらするルートで、路面は硬く凍っていました。

028.jpg



日があたらない林道は、平坦なルート。

石も木も少なく木立がよく整備されていて、皆のペースが上がってゆきます

KTMも本来の美味しいところが生きてきて、2速・3速で軽くペースを作れます!


だがしかーーーし!

GoPro2のカメラに葉っぱがひっついた状態になっちゃって・・・画像がありませぬ

031.jpg
一番気持ち良いペースだったのに、残念!


途中、シングルトラック上に横渡る木が。

前後の路面が完全に凍っていて(残雪?)、フロントを浮かせてもリアがすべり落ちそうです。

032.jpg

私は、一人でこの林道を偵察に来たメンバーの話を聞いていたので

この場所を一人でトライしてみました。

足場の悪いなかから、慎重に安定する場所を探し、クラッチを使ってフロントアップ。

リアは自分で引き抜きます。


ソロツーリングではシングルトラックでのミスは致命的ですからね。

こういった乗り方になると思います。



手間と時間がかかるけれど、難しいことじゃない。

今は体力が削られているけれど、自分のペースがあるはず。

もう一度慎重さと取り戻すことと、気持ちをリセットすることが大切だと思い直しました。





頂上に着くと、待ちかねたお昼タイム。

ゆっくりと座ってご飯を食べようとしたら、太ももが痙攣しちゃいましたけどね(^^;;;

033_20130215230416.jpg

パンを1つ胃の中に入れて

あとはエネルギーチャージのゼリーで食事はおしまい。

たっぷり食べることはこのツーリングでは致命傷!?になりかねません(笑


休憩場所から見える景色はまた格別でした。

良い景色に心も満腹になりました。
DSC_0115_20130216000310.jpg





午後もペースは落ちません。

森の中を上下左右に走り続け、2時過ぎまで走りました。

034.jpg

道中の転倒といっても1度ぐらいで

なんでもない倒木をフロントアップで交わそうとステップを踏み込んだら

シフトに触ってしまい、ニュートラルのギア抜け衝突!いたたーー



位ですかね(^^;;;



ああ、この坂で血豆が敗れてハンドルを持っていられなくなりましたっけ。
035.jpg


3時過ぎに、コレまで走ったルートを全て戻り始め

5時ごろ出発地点へ到着しました。


ルートを覚えたことと、下り坂中心の組み立てになるから

テンポ・スピードも速くなって気持ちいい!



帰るよーー!!って言われた折り返し地点で

ガソリンもリザーブに入っていて、ちょっとドキドキしてたんですよ!




トランポに到着しても、リュックサックを下ろせないほど

両足、両腕が痙攣していて、肩も指先もぼろぼろだったけれど


ニヤニヤは止まりませんでした。




自分の限界を全てが超えていて

一人では走ることが出来ないルートを全て走りきった満足感と、

ちょっとの震え。ですかね。



笑うしかないです!最高のツーリングでした。






夜は、風呂センターで汗を流し、みんなで宴会をしました

三連休で明日はお休みですから、気兼ねなく飲んで・食べて。
DSC_0117_20130216002059.jpg
ソーセージは左曲がりだったり、AB型は2名だけだったり(^^;;;


他の楽しいツーリング先の話にもなりました。

春になったら別の場所に走りにいけそうです。


いろんなお話をいただきましたが、それはまた別の機会に。






そうそう、トランポの中で見た夢は、躊躇した下り坂の夢でした。

心の葛藤が続いていたようです。

ぐふぅ・・






つづく

スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

No title

k山、裏山と走りましたので、次回は久々の解禁が予想されます
A山で遊びましょう。

とても面白いレポート内容でした。
今週も走っているのかな?

クワトロ | URL | 2013-02-16 (Sat) 17:47 [編集 ]


ありがとうございます

平日になっちゃうと記憶が薄れがちですが
やっぱり動画は良いですよ。
みなさんの走りみれますから。

今週は仕事で何も出来ませんが、
走れる時は走るつもりでガンガンいきますよーー

かすにん | URL | 2013-02-17 (Sun) 09:30 [編集 ]


 

トラックバック