オフロードバイク+++上上

他人に乗ってもらうことで刺激を受けろ

結構ハイテンションなツーリングに行ってきました かすにんです。 ハイテンション過ぎて内容はかけないんだけど、 尊敬しているバイク乗りの先輩にRSVに乗ってもらったとき、こんな感想をもらった。 「ハンドルの絞り、そして高さが外人向けだ」 「シートがすべる・・・のは仕方が無いとして、ニーグリップがやりずらい(すべる)」 正直うれしかった。 自分も同じ事を考えていたから。 解決に向かって何もしていないのは悪いんだけど(^^;; RSVのサスペンションは硬くて、 「行動である以上使い切れないスペックは無いものと一緒」とウケは悪かったのだけれど 次の方向性が見えてきた!!

スポンサーサイト

花粉症つらいっす

今週末もいい天気 雨が振っていた土曜日から、一転、いい天気の日曜日です バイク乗っていてくしゃみをした途端、 前がまったく見えない!! うわーーーーーーーーーーーーーーーーー 鼻水だった   orz 冗談じゃなく、事故になっちゃうYO

サスペンションセッティング(春に向けて

花粉症がつらいっす かすにんです。 SO-NETブログのエラーが続いてるよ・・・不満だなぁ・・・。 暖かくなってきたので、速度があがることが想定されるが フロントの残ストロークが調度いいと判断されるため、 コンプレッションにて調整を行う事とした。 気温が上がることでタイヤのグリップがあがる(その温度に達する)。 タイヤのグリップがあがることによって、コーナリング速度が上がる。 車速があがることによって、コーナリング中のGがあがる。 判断.Gに対してはスプリングレートで対応。ストローク量から現状で十分 対応.プリロードの調整なし 車速があがることによって、ブレーキがハードになる。 ハードなブレーキをすると加重が前にかかる。 加重が前にかかると、Fサスが沈みRが伸びる。 判断.Fサスの沈み減衰力をあげるかRサスの伸び減衰を上げる事で    瞬間的な加重の変化に対応する。 対応.1ノッチの設定あたりの効果がRサスの方が大きいので、    Rを決めてから、Fで調整する。    R伸び減衰 15→13(よく伸びるようになる)    F沈み減衰 8→12(伸びるよう調整。ここから沈み難くして調整) コーナリングでバンクに自由度が出てくると、 脱出の際にアクセルで車体を立ち上げたい。 判断.アクセルをオープン気味にする際に、タイヤが急にすべる事を避けたい。 対応.冬季用のセットではバンク角が低い前提でセットアップされていたので    再度セットアップをやり直す。車体の沈み込みをわかりやすくするため    Rサスペンションの沈み減衰を下げる。    R沈み減衰 11→14(より沈みやすくなる) ”⇒”は前回の設定。”→”は今回の設定。 <<<<03/09変更>>>> 「フロントサスペンション」< >は標準設定 ?【リバウンド油圧調整・ネジ(上)】 ?【コンプレッション油圧調整、ネジ(下)】  いっぱいに締めた状態(右回り)から、  8〜10目盛り緩める(左回り)<12目盛り>  ⇒?10⇒8⇒8⇒8⇒10⇒10→10  ⇒?16⇒8⇒8⇒8⇒8⇒8→12 ?【ばねプリロード、ナット】  いっぱいに緩めた状態(左回り)から、  6〜9回転締める(右回り)<8回転>  ⇒?1⇒6⇒6⇒6⇒6⇒6→6 ?【突き出し】  トップブリッジから5目盛り突き出し<4目盛り>  ⇒?2⇒5⇒5⇒5⇒5⇒5→5 「リアサスペンション」< >は標準設定 ?【ショック・軸間(全長)】  310〜317mm<313±1.5mm>  ⇒?317⇒317⇒312⇒317⇒317⇒317→317 ?【バネ長(プリロード)】  147mm<145mm>  ⇒?147⇒145⇒140⇒140⇒140⇒140→140    ・150mm以上に長くすると、底付の可能性がある    ・乗車時のバネ長は140mm(62kg) ?【リバウンド調整、ネジ(下)】  いっぱいに締めた状態(右回り)から、  13〜16目盛り開く(左回り)<20目盛り>  ⇒?16⇒15⇒15⇒15⇒15⇒15→13 ?【コンプレッション調整、ネジ(上)】  いっぱいに締めた状態(右回り)から、  8〜14目盛り開く(左回り)<12目盛り>  ⇒?17⇒11⇒11⇒11⇒11⇒11→14 「ステアリングダンパー」< >は標準設定 ?【ショックアブソーバ】  いっぱいに緩めた状態(右回り)から  17目盛り開く(左回り)<15目盛り>  ⇒?13⇒15⇒17⇒17⇒17⇒17→17